人気ブログランキング |

f0364707_09154799.jpg


2019年3月9日。
毎年恒例、黒川温泉の湯あかりを見に行ってきました。
今年で3度目。
最初は12月に行ったので寒いこと寒いこと。
川のすぐそばまで降りて見ていたので凍えそうでした。
今年は3月。
寒いけれど、今まででは一番マシな感じです。
この時期は泊り客も多いようで、旅館のお部屋の明りと湯あかりの竹細工の明りが混ざり合って幻想的です。




f0364707_09160673.jpg


冬場は特にこういった明かりが美しく見えますねー。




f0364707_09163041.jpg





f0364707_09171325.jpg





f0364707_09175854.jpg





f0364707_09185556.jpg


iPhoneですが、このくらい光源があると割とはっきり写ります。
フィルターをかけて撮るとまた違った雰囲気に。




f0364707_09195105.jpg





f0364707_09214856.jpg





f0364707_09223048.jpg


竹細工はこのように組まれていて、中に明かりがつるされています。
それが川に沿ってずっと(多分)テグスでつるされているようですが、夜はそのテグスが見えないので、ぷかぷかと浮いているようです。




f0364707_09231454.jpg




f0364707_09234316.jpg




f0364707_09241780.jpg




f0364707_09245880.jpg





f0364707_09253760.jpg





f0364707_09263484.jpg


iPhoneのカメラで無加工で写すとこんな感じ。
シャープに写りますが、目で見ているより冷たい雰囲気です。
これが機械を通したときの限界なのでしょうか。
肉眼に近いのはこれ。



f0364707_09270197.jpg


オレンジ色が強く見えています。
温かい雰囲気です。
やはり人間の目には敵わない。




f0364707_09274255.jpg




f0364707_09280643.jpg


これは彩度を上げて撮ったもの。
全然違う雰囲気です。

iPhoneもかなり精度が上がってきて、夜景も光源次第ではここまで撮れるようになりました。
けれどやっぱり難しいです。


何度来てもこの美しさにはみとれてしまいますね~。




翌日、宿泊先をチェックアウトした後に、黒川温泉の立ち寄り湯に入ろうと再び舞い戻ってきました。



f0364707_09284832.jpg


面白いお風呂があるという、新明館。




f0364707_09291553.jpg





f0364707_09294092.jpg


館内フロントで立ち寄り湯の受付をします。
玄関を出てすぐ右の渡り廊下というか通路?をテクテク・・・
川に沿っている通路です。




f0364707_09295970.jpg


カジカガエル!
なんと古式ゆかしいネーミング。
鹿のような鳴き声だから河鹿(カジカ)なんですね。
見たことがありませんし、もちろん鳴き声も聞いたことがありません。
5月~8月ということですから、この日はまだ無理でした。
聞いてみたいなぁ~。





f0364707_09302075.jpg


こちらは、この館主さんが数年の歳月をかけて手堀りで掘った洞窟風呂があるのです。
岩に含まれる成分が温泉のお湯に溶け出して、とっても効能あるお風呂になっているそうです。
雰囲気は、まるで大昔からそこにあったような自然味溢れる感じ。
男女それぞれ入り口は違うのですが、中の穴で繋がっているのです。
(もちろんフェンスがしてあって、出入りはできないようになっています)

こちらはお湯をじっくりと楽しめるよう、洗い場は設置されていません。
ゆっくりと浸かるだけ。
石鹸やシャンプーの成分がお湯に入ってしまうと質が落ちてしまう危険性があるとか。
脱衣場の貼り紙にも注意書きがされてありました。

冒険心をくすぐられてしまいそうなお風呂でした。




f0364707_09304437.jpg


日中の竹細工はちょっと寂し気。
これが夜には華やかでありつつ幻想的な湯あかりに変わります。


黒川温泉は有名などら焼きのお土産があります。
どら焼きの中にクリーム大福が挟んであるという和洋折衷・・・どっちも和風??
とにかく、かなり知られているどら焼きです。
f0364707_20434781.jpg
(画像はお借りしました)

ふっくらとろ~りの美味しいどら焼きです。
これも目的のひとつだったので、お土産に買って帰りました。
どら焼きは、焼いたその日よりも時間が経った方が美味しいそうです。



他にも心をそそられるお土産がたくさんの温泉郷です。








by dawn1225aki | 2019-03-24 20:47 | 熊本

f0364707_16283303.jpg
黒川温泉 湯あかり・1



道々には、竹細工の丸い明かりだけではなく、竹灯籠もあちこちに飾られていました。




f0364707_16284717.jpg

竹灯籠と、ライトアップされた木々・・・
レンズを通すとすごい色に写ります。
実際はこんなに青々してなかったです。




f0364707_16285703.jpg

御船山楽園のライトアップを思い出しました。




f0364707_16290886.jpg

川沿いから一旦上に上がって、それからまた先に階段があるので下りていきます。
旅館の温泉から立ち上る湯けむりです。



f0364707_16292034.jpg



f0364707_16292840.jpg



f0364707_16293769.jpg



f0364707_16294756.jpg

まるで川に浮かんでいるようです。




f0364707_16295986.jpg



f0364707_16301792.jpg



f0364707_16302852.jpg



f0364707_16304013.jpg



f0364707_16305816.jpg



f0364707_16310989.jpg



f0364707_16311927.jpg

この湯あかりの時期に宿泊できたらどんなにいいでしょうか~~~
(温泉だけ楽しんで車中泊という手もある)




f0364707_16313756.jpg



f0364707_16315135.jpg



f0364707_16320046.jpg



f0364707_16321141.jpg



f0364707_16322160.jpg



f0364707_16323567.jpg



f0364707_16324671.jpg

一番奥に見えるのは竹灯籠のようです。

川の流れに沿ってたくさん輝いています。
今年は今までで一番あかりの範囲が広いそうです。
そういえば来るとき国道から見下ろすと、この明かりが見えていました。
去年は道からは見えなかったのです。




f0364707_16332164.jpg

どれだけ見てもどこを見ても、とにかくため息が出るほど美しいので、写真も同じようなものばかり。
撮っても撮ってもキリがありません。
これはすべてiPhoneのカメラですが、6から8にして劇的に変わりました。
画素数が1000くらいアップしているせいでしょうか、薄暗い中でもフラッシュなしではっきりと写ります。
夜景を撮ると性能の違いがわかります。
そして動画。
6のときは真っ暗で光を拾えませんでしたが、8になるとかなり暗くても撮れます。
操作は楽だし、私にはデジカメはもういらないかも。

湯あかりは22時までの点灯です。
4月1日までと期間が長いので、ゆっくりと楽しめますね。



黒川温泉 湯あかり(観光旅館協同組合)
黒川温泉 湯あかりの温かい灯り



by dawn1225aki | 2018-01-21 19:29 | イルミネーション

f0364707_16172116.jpg

2018年1月20日。
今年6回目となる、黒川温泉「湯あかり2017~2018」を観に行ってきました。
開催期間は2017年12月22日~2018年4月1日までという長さ。
わざわざ寒いときに行かなくても・・・と思わなくもないのですが、温泉街はやっぱり寒い時期に行きたくなってしまいます。
(宿泊、となるととても手が出ませんが)




f0364707_16172919.jpg

黒川温泉には1300円の入湯手形があり、これ1つで、露天風呂めぐりに加盟している宿の露天風呂に3ヶ所まで入ることができます。
有効期限は買った日から6ヶ月間。とてもお得ですね!
湯あかりを見たあとは温泉に入りたかったので、駐車場近くのお土産屋さんで購入しました。
各お宿にも置いてあると思います。




f0364707_16174651.jpg

黒川温泉一帯が、すでに風情のある温泉街。
川を繋ぐ渡り廊下が見えます。
泊まるのはちょっと厳しくても、こうやって雰囲気を感じることができるのが嬉しいです。




f0364707_16180548.jpg

メインの場所よりは少ないですが、チラホラと竹あかりが下がっています。




f0364707_16181559.jpg

日本秘湯を守る会!!

ここ、秘湯なんでしょうか・・・・(めちゃくちゃ有名ですが)




f0364707_16210266.jpg



f0364707_16212194.jpg

タイムスリップしたみたい。
よくよく見ればサッシ窓なのかもしれませんが、こうやって眺めていると古い古い雰囲気。
灯りの色合いがそう感じさせるのでしょうか。




f0364707_16222501.jpg

足湯です。
自由に利用できるのは嬉しいです。




f0364707_16223722.jpg

けれど、隅にはかなりのゴミが置きっぱなしになっていました。
そういうのはとても残念です。
ゴミ箱がないのですから、持ち帰るべきではないでしょうか。
街は古いですがキレイに保たれているので、散らかっていると結構目立ちます。




f0364707_16224734.jpg

メイン会場へ近づいてきました。




f0364707_16225921.jpg

去年は何を血迷ったか12月24日の夜に見にきました。
周り中カップルだらけ~~~~(笑)。
下に降りる階段が狭いので、人が多いと結構大変。
迷子になりそうになったり・・・
今年は成人式もセンター試験も終わった普通の日ですから、土曜なのに人を探すことの方が難しいくらい。
・・・というのは大げさですが、人はかなり少なかったです。
立ち止まって写真を撮っても迷惑になることもなく、良かったです。




f0364707_16230772.jpg

流れる川に明かりが反射してキラキラと美しいです。




f0364707_16231807.jpg



f0364707_16232633.jpg



f0364707_16243216.jpg



f0364707_16244025.jpg



f0364707_16245060.jpg



f0364707_16250429.jpg



f0364707_16251525.jpg

幻想的です。



f0364707_16253685.jpg



f0364707_16254498.jpg

穴湯共同浴場。
誰でも安い料金で利用できる、無人の小さな浴場。
混浴になっています。

昔は温泉といえばほとんどが混浴だったんでしょうね。
今だととんでもないことですが(笑)。
全部なくしてしまうのではなく、こうやってちょっとだけ残しているのも面白いですね。




f0364707_16255493.jpg



黒川温泉 湯あかり・2


黒川温泉 湯あかり(観光旅館協同組合)
黒川温泉 湯あかりの温かい灯り

by dawn1225aki | 2018-01-21 17:43 | イルミネーション