f0364707_13450804.jpg


飯塚市弁分の八木山バイパス入り口交差点、セブンイレブン跡に、資さんうどんがやってきました。

何ができるのだろうと待っていたらうどん屋さん。
北九州では有名なチェーン店です。
11月15日にオープンして3日目に行ってみました。
無謀かなーと思いはしましたが、やはり無謀でした(笑)。
ものすごいお客さんの数!!
けれど回転は早いようだし、せっかくなので待ちました。
割と有名らしいぼた餅をテイクアウトする人の多いこと。

予想していた以上に早く着席。

席にはサービスでとろろ昆布が置いてありました。
えー!これサービスなのー??と感動。
ネギや天かすは見たことありますが、これは初めてでした。




f0364707_13450976.jpg


紙ナプキンも資さんマーク。




f0364707_13451043.jpg


ごぼう天うどん。

このゴボウ、いいですね!
長いのが5本、突き刺さっています(笑)。
カマボコも資さんマーク。
さすが人気のチェーン店です。




f0364707_13451105.jpg


うどん以上に?有名なのがこのぼた餅。
資さんうどんと言えばぼた餅、だそうです。
ボリュームありますね。
テイクアウト用にも作られていて、2個入りから5個入りまでパックに入って置いてあります。




f0364707_13451315.jpg


お皿も資さんマークでした。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-11-20 13:44 | そとごはん

f0364707_17501464.jpg


嘉穂郡桂川町の「七福うどん」さんに行ってきました。
実はとても近所(笑)。
元は飯塚市菰田にあったお店で、2014年にこちらに移転されたそう。
以前のお店には一度行ったことがあります。
その後数年・・・車でこの付近を通ったときに、お店の看板を見て、あれっ?と思いつつも通り過ぎるばかりでした。



f0364707_17501547.jpg


うどん屋さんなのですが、お蕎麦がなんと二八。
熊本産の蕎麦粉を使うというこだわりに驚き!!

そのお蕎麦の評判を聞いたので来たのでした〜(笑)。

普通のうどん、そばメニュー、丼物などの他に、上の画像の自然薯メニューがあります。
普通のメニューが650〜800円くらいに比べてお値段が跳ね上がります。
気になりつつも、まずは普通のお蕎麦を。



f0364707_17501686.jpg


山とろろ蕎麦です。

(出てきたのを見ると、タマゴが・・・)
( ̄▽ ̄;)!!




f0364707_17501707.jpg


連れに食べてもらいました。
タマゴなしでも美味しいに決まっています(笑)。


しっかりとしたコシ。
美味しいです。
つゆはかなり甘め。

こんなに近くでこんなお蕎麦が食べれるなんてーー
感激です!




f0364707_17501866.jpg


石臼挽き手打ち蕎麦・・・

なのに「七福うどん」なのね。





そして後日再び来ました。

今度は自然薯とろろの「山の神」とろろ汁蕎麦。



f0364707_17502774.jpg


香り高い出汁で伸ばした自然薯とろろ。
味がついているのでそのままお蕎麦にかけてください、と言われましたが、私はこれに漬けていただきました。



f0364707_17502895.jpg


この色!
逞しさを感じる色ですね。
普通のとろろよりもずっと栄養価が高いのです。

ご飯のついたセットもあります。
やっぱりこのとろろが出てきたら、ご飯が欲しくなりますね〜
次回はご飯付きセットにしまーす。




七福うどん
福岡県嘉穂郡桂川町大字土師3502-1
0948-29-2522


[PR]
by dawn1225aki | 2018-05-20 17:48 | そとごはん

和の花(阿蘇郡小国町)

f0364707_19284010.jpg

おた湯の里 彩の庄へ向かう途中の道すがら、お蕎麦屋さんの看板を発見。
この辺りはお蕎麦屋さんが何件もあるので、いつも楽しみに巡っているのですが、ここ「和の花」は初めて見かけるお店でした。
通り過ぎたものの、すぐにUターンしてこちらへ。

古民家風の建物の前に駐車場。
停めやすいよう、ロープで区切りがしてあります。




f0364707_19292964.jpg

橋がありました。




f0364707_19295490.jpg



f0364707_19301448.jpg

入り口です。
こんな佇まいのお店が多いのですが、それぞれ工夫して個性を出しているので一件一件巡るのが楽しいです。




f0364707_19303456.jpg

中に入ると、薄暗い入り口は間接照明でキラキラと・・・




f0364707_19305806.jpg

水が流れる音。



f0364707_19312070.jpg

カメラを通すと明るいですが、実際はもっと暗いです。
けれど足元に困るほどではありません。
綺麗な明かりを楽しめます。




f0364707_19314204.jpg

引き戸をあけて店内に入ります。
戸には「どうぞどうぞ」との貼り紙。
言葉に添えてお地蔵様の可愛い絵が描いてありました。
(写真撮っとけばよかった)

中に入ると大きな薪ストーブ!




f0364707_19320165.jpg

薪がでかっ!
室内はエアコンではなく、この薪ストーブで暖をとっているようです。
ほかほかです。




f0364707_19322147.jpg

どこでもお好きな席へと言われ、この囲炉裏に魅かれてここへ。
2人なのに、8人くらい座れそうな席を陣取ってしまいました・・・・スミマセン。




f0364707_19331169.jpg

ストーブの熾きを入れてくださいました。
たったこれだけなのですが、すごく温かいのです。
火の力ってすごい。
同じ火でも石油ストーブとは大違いの温かさです。




f0364707_19333455.jpg



f0364707_19335480.jpg



f0364707_19342169.jpg



f0364707_19344338.jpg

お品書き。
この裏にも他のメニューが書いてあります。




f0364707_19350750.jpg



f0364707_19353683.jpg

舞茸天盛りそば。



f0364707_19355366.jpg



f0364707_19361013.jpg

塩でいただく天ぷらです。(そばつゆにつけても美味しいです)
サックサク!!
舞茸の香りが良かった~~~
そばと舞茸って最強の組み合わせですねぇ。




f0364707_19363118.jpg

お蕎麦のキレイなこと!
一口食べるとそばつゆから煮干しの香りがフワッと。
大抵、昆布とカツオ出汁なのに、煮干し出汁なんて珍しいです。
でも懐かしい香り。
おそばに合います。
細目でのどごしの良い蕎麦でした。
すごく美味しいです♪
三瀬で食べたおそばに似ている気がします。

そば湯がトロッと濃厚でこれも美味しい~~
温まりました。




f0364707_19365093.jpg



f0364707_19370885.jpg



f0364707_19373228.jpg

お。
お一人様でも大丈夫そうな席が!(笑)。
まぁ何しろ、一人でそばをすする女ですから。
(この日は連れがいましたが)




f0364707_19375050.jpg



f0364707_19380775.jpg

オマケ。
広々とした素敵なお手洗い。




f0364707_19382901.jpg



f0364707_19384108.jpg

外にはちょっと休憩できるスペースがあり。




f0364707_19390115.jpg

水が流れていました。
夏は涼しそうです。
もしかしたら、お客さんが多いときはここで待ったりできるのかも。

思いがけず発見して直感で飛び込んだお蕎麦屋さん。
すごく良いお店でした。
直感は侮れませんね~~。
またぜひリピートしたいです!




f0364707_09421292.jpg



和の花



[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-26 09:41 | そとごはん

黒門茶屋(朝倉市秋月)

f0364707_22410058.jpg

朝倉市秋月野鳥の「黒門茶屋」さんに行ってきました。
通常10時~16時までの営業ですが、この日は古都秋月雛めぐりというイベントのライトアップが開催されていて、遅くまで営業していました。



f0364707_22430757.jpg

秋月の特産物やお土産品が置いてある売店と、食事処になっています。




f0364707_22433530.jpg

輪切りにした木の、面白いテーブル。




f0364707_22435861.jpg

席の真横にあったこの石は自然にできたものでしょうか。
顔みたいになっていて思わず写真をパチリ。

じーーっと観察。

やっぱり天然のものみたい・・・
すごいです。動物の顔にしか見えない。




f0364707_22441989.jpg

お座敷席。
可愛いお雛様が飾られています。




f0364707_22444085.jpg



f0364707_22450161.jpg



f0364707_22453253.jpg

売店の方には七段飾りのお雛様。



f0364707_22454970.jpg



f0364707_22461270.jpg

その横のガラス棚の中には様々な表情の招き猫たちがいました。
猫好きにはたまりません。




f0364707_22463503.jpg

秋月名物の葛餅。

秋月には葛を取り扱っているお店が二軒あり、葛料理は名物になっています。
葛本舗でしか食べられない葛切りもすごーーく美味しいんです。




f0364707_22465479.jpg



f0364707_22471145.jpg

アップに耐えられる葛餅!(笑)
黒蜜ときなこがたっぷり。
滑らかでもちもちしていてとても美味しかったです。




f0364707_22472944.jpg

おにぎり二種。
昆布と梅。
昆布はわかるのですが、梅の方はなんだかそう見えず、梅だったっけ?何だったっけ?としげしげと見つめてしまいました。




f0364707_22474574.jpg

ここまでアップにすると・・・梅です。
かつお梅を叩いたものでした。

そして私は海苔に感動。
香りが良く、しっかりした質の良い海苔でした。
なかなかお店でこういう海苔には出会えません。
嬉しいものです!




f0364707_22480429.jpg

で、メインはお蕎麦。
具入り蕎麦です。
麺がどっさり!
お腹いっぱいになりました。
タケノコは干しておいたものでしょうか。
歯ごたえが良くてこれも美味しかったです。

こういう味のお蕎麦って、いかにも「茶屋」のお蕎麦って感じがして大好きです。
お店の雰囲気と味がぴったり合っているというか。
環境も一緒に味わってみるとまた違ってくるものです。




f0364707_22482156.jpg

お蕎麦におにぎり(連れと半分こしました)、葛餅・・・
しっかり食べました~~(笑)。





黒門茶屋



[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-24 22:42 | そとごはん

f0364707_21364513.jpg

日田市琴ひら温泉の、そば処遊食庭 琴ひらに行ってきました。
日曜でしたが、お昼を少し過ぎていたせいか、お客さんは少な目。
敷地内の駐車場に停めることができました。
車を降りると目の前に温泉。
食事処には何度か行ったことがあるのですが、温泉はまだないのです。
男湯女湯家族風呂があり、川のせせらぎを聞きながら入れるいいお風呂だとか。
次回はぜひ!!




f0364707_21365765.jpg

食事処へ向かう小道に入ると、暖簾のかかった門が見えます。
入り口かと思いきや、まだ先があるのです。



f0364707_21371275.jpg



f0364707_21372061.jpg

緑の木々に囲まれた小道をテクテクと。
石畳や石の階段が多いので足元には気を付けて・・・




f0364707_21373190.jpg

お店が見えてきました。
林の奥の隠れ家的な雰囲気。



f0364707_21373960.jpg



f0364707_21375031.jpg

重々しい感じの引き戸。
でも見た目の割にはスーッと開きます。



f0364707_21375878.jpg

蝋梅に柔らかい光が当たり、とてもキレイです。
窓の細工とも合っていて素敵な空間ですねー。



f0364707_21380945.jpg

中に入ると土間。



f0364707_21382030.jpg


お食事はお座敷なので靴を抜いで上がります。
ガラス窓で囲まれた広いお座敷があり、お庭を見ながらいただけます。
夏は緑がとてもキレイです。



f0364707_21384072.jpg



f0364707_21385323.jpg

テーブルの上に置いてあったこれは何でしょう。
箸置きかなーと思ったのですが・・・
お店の人に聞いてみればよかった。



f0364707_21390032.jpg

お手洗いは離れです。
通路を通って一旦外へ。
古い家具などが置いてあり、お手洗いへ行く道々も楽しめます。




f0364707_21390887.jpg

厠!!!



f0364707_21392468.jpg

こんな明かりのオブジェまで。
可愛いですね♪



f0364707_21393429.jpg

道々、色々な発見があるのでなかなかトイレに着きゃーしない。




f0364707_21394423.jpg

綿花がお出迎え。




f0364707_21395347.jpg

こちらが女性用。
「善女」ですって!
こういうのを見たら、自分は善い人なのだろうかとつい考えてしまいます。
我が身を振り返る機会まであるという。
普通トイレでそんなことを考えたりしませんが、ここは別です。

周りの雰囲気に対してこの暖簾!
遊び心が楽しいです。



f0364707_21400428.jpg

なんて素敵なんでしょう!
このお手洗い。
陶器のボウルになっています。
奥の方の板が外れかけていますが、他が素敵なのでご愛敬にしか思えない(笑)。




f0364707_21401502.jpg



f0364707_21402442.jpg

男性用はどんなボウルなのでしょうか。
あーーー気になる!!



って、さすがに見てないですよ。



f0364707_21403374.jpg

・・・トイレにいったいどれだけ時間をかけるのかと。



席に戻って改めて背後を見ると、すりガラスの衝立が。
このお座敷に合っています。
好きな感じ♪



f0364707_21404315.jpg

のりおにぎり(お漬物付)と、そば茶。




f0364707_21405596.jpg

連れが注文した、とろろ蕎麦と高菜おにぎり。
お蕎麦は小鉢付きです。

このとろろ、普通に出汁に流れてしまうような感じではなく、お箸で小さくちぎって摘めるようなとろろなのです。
なので連れはお箸でつまんでパクパク。
すごいコシ~~~!
・・・なんていうレベルではありません。
そんな風に食べるとろろ、初めて見ました・・・(笑)。




f0364707_21410921.jpg

私はきつね蕎麦です。
普段はざる蕎麦でコシを楽しみながらいただくのが好きなのですが、この日は寒かったので温麺に。
私の好きな細めの麺で、歯ごたえもしっかり。
出汁は甘めでお蕎麦に合います。
丼の中に揚げが三枚も入っていると、それだけで満足感がありますね~~(笑)。

単品の他に、蕎麦会席や膳ものなどもあります。




緑に囲まれているので、お座敷に座っているだけでもゆったりした気持ちになれます。
更に、お食事もさることながら、お庭の散策や温泉まで楽しめて、とても贅沢な時間を過ごせるところだなぁと思います。
ぜひまた行きたいです。



遊食庭 琴ひら


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-29 22:38 | そとごはん

f0364707_14575293.jpg

Facebookで紹介されている記事を見て、ずっと行きたいと思っていたお蕎麦屋さん、「やす武」さんです。
去年もそのつもりで来てみたのですが、なんと食事処はお休み・・・がーん。
今日はリベンジです。
(結局こうなるのデスネ)




f0364707_14580123.jpg

国産蕎麦粉を使い、店内で手打ちというこだわり。
嬉しいです。



f0364707_14581838.jpg

がらーん。

当然ですね、10時40分くらいでしたから。
でも混むよりましです。




f0364707_14582896.jpg

そば茶。



f0364707_14583609.jpg

お品書きに、店主の思いがつづられています。
いいですね。
日々蕎麦好日。
これ、何にでも言える言葉ですね。



f0364707_14584598.jpg



f0364707_14585531.jpg

蕎麦といったらざるそば。

入り口に近い席だったのでちょっと寒かったのですが、やっぱりざるそばでないとーー。
というか好きなんです、ざるそばが。

かかっている海苔が、きざみのりではありません。
変わっていますが、飯塚の「やまし」というお蕎麦屋さんもこんな海苔の置き方をします。
珍しいので覚えていました。
こちらもなんですね。


一人で蕎麦をすする女(笑)。
ま、これは有りでしょう。

美味しいお蕎麦でした。

つゆは意外にも甘かったです。
今までに食べたお蕎麦は割に辛口のつゆが多かったんですが、こちらのは甘いです。




f0364707_14590200.jpg

蕎麦湯も美味しい。
身体がとても温まるので出されると必ず飲みます。
冬場はできるだけ飲むことをおすすめします。
基本お蕎麦は身体を温める食材ですが、ざるそばはキリッと冷やしてしめているのでやっぱり食べ終わると寒いです(笑)。
蕎麦湯でホッとしてから帰りましょう~~。

リベンジ成功!!




梅ヶ枝餅と蕎麦の店 やす武



[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-17 14:57 | そとごはん

f0364707_20521227.jpg

大山祇神社を後にして、目指すは秋月。
紅葉が綺麗だということですから期待して出かけます。
白坂峠の緑も日差しにキラキラしていて眩しいです。

いつもは322号線とのT字路で右に曲がり、秋月の町内へ向かうのですが、今日はふと思い立って左へ。
そちらの方に「秋月城址」の看板が出ていたのです。
目的は紅葉なんですから今日は左へ・・・

あまり行かない道ですが、八丁トンネルの工事現場までくると、あ、ここね、とやっと理解(笑)。
土地勘無さすぎなのも甚だしい。
それを右へと走ります。
しばらく行くと、なんと、お蕎麦屋さんの看板が。
以前たった一度だけ、しかも場所の確認のために逆方向から来たっきり。
普通に考えれば行きつくことは予想済みですけど、私には予想外でした。
方向音痴も甚だしい。

紅葉が一瞬頭から飛び、あわてて時間を確認すると11時!
開店直後です。
見ると、4台ほどしか停められない駐車場には2台。
こんなチャンスはないでしょう。

・・・とその前に、お隣の「だんごあん」さんの広ーい駐車場に真っ赤に色づいたモミジを発見。
一瞬飛んだ紅葉が戻ってきました!
写真だけ撮らせてもらってササッと戻りました。



f0364707_20523433.jpg



f0364707_20525228.jpg



f0364707_20531051.jpg

あ~来てよかったぁ~♡
と目がハート型になりそうでした。




f0364707_20541831.jpg

そして「ちきた」さんへ。
大人気店のこのお店、ずっと来たいなぁと思っていたのです♪
即決でした。

だんごあんの駐車場があまりに広いので、ここに停められないお客さんがそちらへ無断駐車してしまうことを大変困ってあるようで、あちこちに貼り紙がしてありました。
ちきたさんの駐車場は、お店の前のスペースと、50m先に何台か停められる場所があるそうです。
私も客の立場としてはすごく気持ちはわかるのですが、お困りのようですから無断駐車はやめましょうね~。



f0364707_20544011.jpg



f0364707_20545935.jpg

散策できそうなお庭。(庭・・・?なのか?)




f0364707_20552874.jpg

古民家風のお店です。
休日には行列ができるくらいの大人気のお店なので、ちゃんと座って待てるようなスペースが作ってありますね。




f0364707_20555086.jpg



f0364707_20562080.jpg

ストーブに座布団。
もうこの辺りで私の好みどストライクなので、否が応でもテンションがアップ!
一人だったので、心の中だけで納めておきました・・・




f0364707_20564236.jpg

でも写真は撮る。


「トキワ」って・・・

このストーブの会社なのでしょうかーー!!!
字体が!!そしてカタチ!!
なんでしょうね~?このビジュアル。
見とれてしまいます。

決して使ったことはないはずのストーブなのに、胸を熱くするこの懐かしさはどうしてなのでしょう。
日本人あるあるでしょうか。




f0364707_20570050.jpg

店内に入るまでが長い・・・・・

そう、いつもはお昼時になるとこの受付表に記名して待つのです。
その下にも、遠路おつかれさまです、の心遣い溢れる一文が。




f0364707_20573730.jpg

はい、やっと店内。

幸運なことにお客さんはまだ少なかったので、お好きな席へどうぞ、と言われました。
窓際へ。
(ところが後から杉の馬場あたりに行ってみると、人が多かったのです!月曜なのに)




f0364707_20581520.jpg



f0364707_20584119.jpg



f0364707_20590958.jpg

席は、お座敷席と椅子席があり、そう広くはない店内に丁度良く配置してありました。




f0364707_20593916.jpg

考えるまでもなく、限定蕎麦の玄そばを注文しました。
聞くところによると限定15食くらいで、お客さんが多いときはあっという間に売り切れてしまうそうです。
蕎麦を丸ごと挽いた色の黒い蕎麦です。
1300円。
高めですが、お蕎麦が来る前にちょっとしたお料理が大皿に盛って出されます。
これも付いてのお値段ですのでなんとなく、納得。




f0364707_21000004.jpg



f0364707_21020820.jpg

お蕎麦が薬味と一緒に到着。



f0364707_21022674.jpg

しっかりしたコシ。
丸ごと挽いたお蕎麦の色がいいですね。
つゆは辛め。
九州と言えば甘口ですが、辛めのつゆは秋田のお蕎麦を思い出して、私は好きです。


一人で蕎麦をすする女・・・有りですか、無しですか?(笑)

一人シリーズ第三弾。
今回ばかりは「あり」とはっきり言わせていただきたい!



f0364707_21025301.jpg

蕎麦湯。
お洒落な器~~~~。
木べらでかき混ぜてから蕎麦猪口に注ぎます。
こんな出され方は初めてです。
こうすれば、器の底に沈んだままにならないですものね。

接客もとても良くて、お料理を出すときの一言一言がすごく行き届いていました。
どんどんお客さんが増えて、外で待つ人も出てきたのですが、全然バタバタした感じはありません。
せかされているような雰囲気もまるでなく、落ち着いて食事ができました。




f0364707_21031731.jpg

入り口を入って右にあるお手洗い。
通常、電気を消しているので暗いのですが、竹灯籠が灯されているので真っ暗にはなっていません。




f0364707_21033597.jpg

トイレのロックが懐かしい!
なんというシンプルさ。



f0364707_21035966.jpg



f0364707_21042469.jpg

開店時間が書かれてあった看板の裏は、お礼の言葉が書かれていました。

大人気店なのがわかる、いいお店でした。
また行きたいです。
(平日に)



御蕎麦 ちきた
0946-25-1775
営業時間 11:00~16:00(オーダーストップ15:30)
(お蕎麦が無くなり次第終了の場合あり)
定休日 火曜・第三月曜



[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-27 21:14 | そとごはん

f0364707_08484335.jpg

地蔵とうふ篠栗店。
本店は八木山地蔵とうふ。
美味しくてヘルシーな豆腐料理のお店です。



f0364707_08493378.jpg


店舗は小さめなのに、平日でもお客さんの多いこと。
車がどんどん入ってきます。



f0364707_08500834.jpg



f0364707_08502709.jpg



f0364707_08504727.jpg



f0364707_08511390.jpg


入り口を入ってすぐ右がお豆腐その他食品を置いてあるスペース、左側が食堂スペースになっています。
満席のときは食堂側に置いてある名簿に名前を記入して待ちます。



f0364707_08513649.jpg


お豆腐コロッケなどのお惣菜も売っています。


ちょうどお昼時だったのですが、早めに呼ばれました。



f0364707_08521400.jpg


平日限定サービスランチ。
蕎麦かうどん数種の中からひと品選びます。
それとお豆腐と惣菜のバイキングがついて1080円。



f0364707_08523640.jpg


柚子豆腐が美味しかったです。
塩とごま油でいただくのが新鮮な味でした!



f0364707_08530188.jpg

湯葉の温そばランチ。


ごちそうさまでした。



f0364707_08542378.jpg

庭の柿の木も今がピークかな。
最初は真っ赤に色づいていたのですが、徐々に全体的にこんな色に。
これから赤くなって落ちるのでしょうか???
お日様の光が当たってカーテンを透かして見たら黄金色でした。




[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-12 08:59 | そとごはん

三瀬温泉 やまびこの湯を出て、三瀬と言えば三瀬蕎麦!そりゃー食べないと!
近くのお蕎麦屋さんを探しました。

すると、名前の知られた「三瀬そば」をすぐ近くに発見。
以前、違うお店に行ったときに、そのお店の前を通り過ぎて行ったのです。
車がたくさん停まっていたのを思い出しました。
多いかもしれないと思いつつ、そこへ向かうと案の定・・・
駐車もできないくらいの多さでした。

そこで、隣接しているもう一軒のお蕎麦屋さんへ。
「大八そば」さんです。
(そこも多かったけど、三瀬そばほどではなかったです)




f0364707_12331341.jpg



f0364707_12325864.jpg

こっちもほぼ満席に近いお客さん。
「三瀬そば」さんの影響もあるのかもしれませんね。




f0364707_12332444.jpg

そばの特徴、効能が書いたポスターが貼ってあります。
へーー、お蕎麦一杯食べただけですごい量の胚芽なんですね。




f0364707_12333335.jpg



f0364707_12334273.jpg



f0364707_12335610.jpg



f0364707_12340819.jpg

向こうが山菜そば。
手前がごぼう天そば。

温かい蕎麦はあまり食べないのですが、この日は雨がとうとう降りだして寒かったので思わず温麺にしました。
温めるとコシが弱くなるお蕎麦が多いのですが、これはしっかりしていました。
歯ごたえもあって、美味しかったです。

ごぼう天蕎麦は650円+税3%(笑)。


この日4日は超朝活だったので、お昼過ぎには帰路へ着く予定。
雨は降っていましたが、日が差してきたので周りを見ながら車を走らせていると・・・


f0364707_12341905.jpg

虹!!!

しかもこんな低いのは初めてです!!

山の深い緑を背景にして、くっきりでした。
思わず近くの空き地を探して停車。




f0364707_12343254.jpg

しっかり撮りました。
半円が低すぎて、まるで彩雲のよう。
珍しかったです。









[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-06 12:26 | そとごはん

f0364707_18501589.jpg


二日市温泉まで来たら、ここに寄らずには帰れません。
博多湯からGoogle mapで約17分。
ですが、今日はものすごい渋滞でした。
冷水道路は前後に全く車が見えないときもあったくらい、ガラガラだったのに。
なので迂回して迂回して結局20分以上かかって到着。

そしてお店の前の駐車場は満車だったので少し先の臨時駐車場に停めました。
(でもお店に着いたら空いてた・・・ガーン)




f0364707_18071585.jpg

画像では人はいませんが、周囲にはズラリ。
日曜のちょうどお昼時ですから、それを思うとむしろ少ない方だったかも。
10分くらい待つと入れました。

麵屋さんは回転が速いです。




f0364707_18073070.jpg

目の前の貼り紙にとても心惹かれましたが、今日は武蔵そば。
(あ~メニューの板そばにも魅かれる)




f0364707_18074713.jpg

回転も速ければ出てくるのも早い。
いつも感心するのは、これだけ早いのに完成度に乱れがないこと。
常にきっちりと、そつなく出てきます。

だからお客さんが多いのでしょうね~。




f0364707_18080240.jpg



f0364707_18081802.jpg

ぱかっと揚げ豆腐のフタを開けると大量の柚子胡椒。
この思い切った量!
(でも見た目ほど辛くありませんよ)




f0364707_18083336.jpg

タイミングを見計らって蕎麦湯が登場します。
厨房の方がそばを湯でながらもしっかりチェックして采配しているのです。
いつも気を配っているのでしょう。
だからといって、じーーーっと見られている感はなし。
残った餡に蕎麦湯を注いでいただきます。

いつもブレない、美味しいお蕎麦でした。




f0364707_18102852.jpg

帰り道にスタバの店舗があるので、ちょっと寄り道。
ソイラテのホット、トールサイズ。

なぜか!星をいただきました!
この裏にQRコードがついていて、このイベントのご案内サイトに飛べるっていうだけです(笑)。

スタバのプリペイドカード(登録しておく)で購入すると、50円ごとに星ひとつのポイントがつくそうです。
集めたポイントによって、様々な特典があるとか。
Starbucks Rewards
よくわからないのでこちらで(笑)。

でも凄い数貯めないとダメみたい。
最近はそんなに行ってないから無理っぽいですね~。





[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-01 18:06 | そとごはん